POS的私考 −薬剤師vs看護師−

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己防衛。

<<   作成日時 : 2006/02/27 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平和に生きる方法を考えたことありますか?
私の思う平和は、「緩やかな変化」のことです。
全く変化なしは、逆に「妄想」という得たいの知れない独りよがりで、心をかき乱します。
過激な変化は、環境含め他者に与えられることが往々で被害者意識から、心をパニくらせます。
少しずつ川面が揺らぐようなささやかな変化ある日々が、平和だと思うのです。

私は、平和を願うばかりに、自己防衛をします。
自己防衛には、内側にこもる自己防衛もあれば、外側に発信する自己防衛もあります。
内側が、閉じこもりです。
誰からも傷つけられたくないし、誰をも傷つけたくないと思うと、外部との関係の一切を遮断します。
家から一歩も外に出たくなくなるのです。

外側に発信する自己防衛は、他者への攻撃と形を変えます。
攻撃は最大の防御、というのはそんな意味なんでしょうか。
しかし、これをすると疲れるのです。
攻撃された相手も平和ではなくなりますし、攻撃している私も平和ではなくなります。
可能な限りしたくはない。
そうなると日々する努力は、相手を理解することであり、私を理解していただくことです。

攻撃は、その相手が全く自分にとっての悪と判断した場合と、理解できないから攻撃しちゃえ!のどちらかだと思うのです。
すっきり悪と断定できることの方が少ないですから、
理解が出来ない
    ↓
「得たいがしれない」又は「気に入らない」
    ↓
「怖い」又は「嫌い」
    ↓
面倒だから排除しちゃえ!

の構図が出来上がり、すっきり悪と判断されたときより、じんわりとダメージを受けるような(受けさすような)攻撃となるのです。
だから、自己防衛は、「私を理解してもらうこと」であり、自分もまた無闇な攻撃をして疲れぬように、「相手を理解すること」なのです。
そしてこれが、以前に書いた「見える仕事」に繋がっていくのですけどね。


けど、難しい。
理屈的には簡単なことなのに、難しい。
コミュニケーションギャップ、これなんだと思います。
私の理解したことと、相手が理解したことは違う。
これがコミュニケーションの前提にはあるのです。

これも頭では理解しているのに、私の直情的な思考は、理解しない相手への怒りへと変わる。
もともと同じ人間ではないのだから、同じものを食べている家族とて違う認識を持つのだから、それを他者に望むこと自体が無謀。
分かっていながら出来ない私。
最後は、相田みつをさんになってしまうんです。
人間だもの・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己防衛。 POS的私考 −薬剤師vs看護師−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる